地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)
大阪の志賀ちゃんより。転載します。

-

ご無沙汰してます志賀です。糞みたいな選挙ですが、自民公明は、好き放題やってるし、介護職としても黙ってられない!つうことで、介護保険改悪に反対するネット署名始めました!ご協力、拡散よろしくお願いいたします!

詳しくは以下の署名ページを見て、ぜひ賛同をしてください!

介護職の想い。介護職員が、しんどくて辞めずに働き続けられるように!誰もが必要な介護を、安心して受けられるために!国に声を届けます!


介護職の想い。

介護職員が、しんどくて辞めずに働き続けられるように!誰もが必要な介護を、安心して受けられるために!国に声を届けます!

私たちは、介護現場で働く介護職員です。私たちは、日々、慢性的な人手不足の中、大人数の高齢者や、介護が必要な方々の生活を、必死に支えています。身体が動けなくなっても、認知症になっても、安心して、地域や施設で、暮らしてもらえるように、走り回っています。

それでも、介護の仕事は、仕事量の多さや、命に関わる責任量に対して、自分たちの生活に充分な給与ではありません(他の職種の平均賃金より十一万円低いと言われてます)。だから、辞めていく介護職員がとても多いし、求人してもなかなか職員が来ません。

国は「介護離職ゼロ」を掲げ「介護職員の給与を一万円あげる」と言っています。しかし、現実は、介護事業所への介護報酬を切り下げ、処遇改善目的で支給されたている介護職員への賃金は、会社のマイナス部分に使われています。

また、介護保険から要支援者(介護度の軽い人)が切り離されたり、一部の利用者に2割負担が始まり、介護を受けたくても受けれない人たちが増えています。

そんな中、国は、さらに、2018年4月の介護保険改定で、「要介護1~2(軽度者)の生活援助・福祉用具・住宅改修は原則自費」、「自己負担2割の拡大」、「要介護1~2の介護保険から切り離し」を行おうとしています。

これが現実化したら、介護を受けたくても受けられず、重度化する人が今以上に増えるのではないかと、危機感でいっぱいです。これは「介護離職ゼロ」に逆行していています。

だから、私たちは、国に要求します!

1、働く人のために

介護職員が辞めていく悪循環を終わらせるために、介護職員への待遇を良くしてください。働きやすい介護現場の人員基準の見直しを行ってください。介護職員への処遇改善のための賃金は、介護事業所ではなく介護職員に直接渡るようにしてください。

2、中小介護事業所のために

2015年の介護報酬切り下げによって、過去最大に中小介護事業所が倒産しています。介護事業所の運営悪化から介護職員の労働条件は、さらに悪くなっています。2015年以前の介護報酬に戻してください。

3、介護を受ける人のために

要介護1~2を介護保険から切り離さないでください。「

要介護1~2の軽度者の生活援助・福祉用具・住宅改修は原則自費」等の改定案を取り止めてください。


-
SUBSCRIBE

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。