地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)


ブラジル・サンパウロのFamília Gangstersというバンドのミュージック・ビデオ。自主的な廃品回収を生業とする男性の一日を記録したもの。

なんと、この男性がやっているような仕事を、「違法」としてしまう条例が、都内15区ですでに施行されている。東京以外でも京都市など全国に広まろうとしているというのだから、とってもヤな感じ。いまの経済システムが生み出す歪みを、見えないように、見ないようにするだけだったら、原発と同じように、のちのち何かをきっかけに、隠してたものも全部表に出てくるぞ。

Filastine - Dance of the Garbageman (Live)


【廃品回収の歴史性】(「山谷ブログ 野宿者・失業者運動報告」から)

アルミ缶や新聞が「資源ゴミ」とされる以前から、貧しい人たちはそれらを集め生活の糧にしてきました。例えば、江戸時代には、紙屑などを集める専門の職業 が存在していました。また、隅田川の言問橋付近は、第二次大戦後、家を失った人々が共同体を作り、廃品回収で生計を立てていた場所でもあります。「蟻の町」といわれたこの共同体は今はもうありませんが、現在、家を失った人々(ホームレス)がまさにその場所で廃品回収を主要な仕事の一つとして暮らしていま す。12/12のコンサートの場所である山谷堀広場はこのすぐ近くです。

空き缶・古紙の持ち去りを禁止する条例は、この歴史的な背景を持つ仕事を根本から作り替え、貧者を排除する形で区がそれを独占するものです。たとえば墨田 区においては、2006年まで、資源ごみの所有を規定する条例は存在しませんでした。それまで「無主物」であり、だれの物でもなかった資源ごみが、 2006年の条例への条文追加により、「区の所有」となったわけです。このような経緯を考えると、資源ごみを無条件に「区のもの」とする議論に簡単に乗る わけにはいきません。歴史的な視点を持った、広がりをもった運動を作っていきたいものです。

-
SUBSCRIBE

0 Responses to 'Dance of the Garbageman'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。