地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)


スペイン蜂起についてのあらまし


"Summary of the Spanish Uprising" by Filastine
http://filastine.com/log/2011/05/summary-of-the-spanish-uprising.html

ここスペインで起きていることについて、米国・英国のアングロサクソン世界が全く認識していないことがある。アラブ世界の諸革命は、1)民衆 対 独裁制、 2)彼らは私たち西洋世界のような政府を要求している、といった、より簡単に単純化され、都合の良い語りに還元されている。しかし、スペインでの社会革命は、そのような安易な物語に簡約化できはしない。この革命が語るのは、私たちの近代民主主義の退廃と機能不全について、自分たちで自分たちの社会を形作るという能力を無力化させてきた政府に対する資本と金融の影響についてである。先週日曜のスペインでの投票棄権率は33パーセントであった。有権者の3分の1は、積極的に投票そのものを拒否したのだ。そしてこの数には、無記名投票による抗議を行うためだけに投票場に行った50万人という人々の数(世界最高記録)は含まれていない。

5月15日、エジプトのタハリール広場にインスピレーションを受けたスペイン人たちが、彼らの広場をキャンプに変え、占拠した。これは単にマドリードやバルセロナで行われた行動ではなく、すでに100を超える広場キャンプが生まれている。その数は、小さな町での数十人からなるテントから、大きな街での数千のテントまでに及んでいる。

ここでの共通のゴールは、政治と経済の根本的な変革であり、彼らはそれを「デモクラシー2.0」、「ポスト資本主義」、「いくつもの可能性」と呼んでいる。これは、頭ではユートピアを志向し、けれどもその足はしっかりと地についている一つの運動である。「Vamos despacio porque vamos lejos=私たちはゆっくりと進む、なぜなら私たちは遠くへ行くのだから」。ここに英語による簡潔なマニフェストがある。

私はこの2週間、カタルーニャ広場で多くの時間を過ごしてきた。そこは、バルセロナ中心部の大きな公共スペースである。トラファルガー広場やタイムズスクウェアを思い起こしてみてほしい。この広場(カタルーニャ広場)は、今やパラレルな宇宙であり、コマーシャルなものが存在しない小さな世界である。共有するというポトラッチ文化と、テントやロープ張りの即興建築は、バーニングマンの政治化された都市バージョンのように思わせてくれる。あなたはそこで図書館や庭(!)、健康診断所や、キッチン、24時間オープンの討論の数々や情報の氾濫を目にすることだろう。

キャンプでの活動の数々は、慎重に組織化されている、昼間は、さまざまな委員会、会議、ワーキンググループの活動が進行している。夜は、9時までには人々の数は膨れ上がる。厳密には一時間、皆全員が、鍋やフライパンを叩き、鍵をゆすり、ラッパを鳴らしたり、ドラムを叩いては、とても素晴らしい大騒ぎを引き起こすのだ。



続いて、午後10時の総会が開かれる。これは昼の委員会が彼らの提案や決定を報告する場となっている。ここではハンドジェスチャーを使った合意形成が、組織票に取って変わる。夜の集いの終わりには、オープンマイクの場が設けられ、人々はそれぞれ自分の考えを3分間話ことができる。



先日、5月27日の朝7時、機動隊が暴力的にバルセロナキャンプを排除した。やつらは30台のゴミ収集車でキャンプの設備のほとんど全て(テント、防水シート、ソウンドシステム、キッチン)をかっさらって行った。(*くわしくは「バルセロナのプラザ・カタルーニャのキャンプ排除

しかしながら、その日の午後までには広場は圧倒的多数の人々によって再び取り戻された。昨晩など、人々は広場に入りきれずに、広場に接した通りにあふれ出て、街の交通の中心部を首尾よくシャットダウンさせていた。警察の排除計画は劇的なかたちで失敗に終わったのだ。

この事態が今、どこで進行中なのかを知っている人はだれもいない。しかしながら、それはすでに無関心と冷笑主義からの集合的な離脱・脱皮と、団結できない地中海地方の人々といったステレオタイプへの反抗といった、多くのことを成し遂げている。

(翻訳:Kenichiro Egami)

-
SUBSCRIBE


IRAでのNU☆MANはこの頃ぜんぜんやってませんが、ラバンデリアでのNU☆MANはのんびり継続中のようす。6月5日には、the medium necksの服を見せてもらいながら開催ということで面白そう。くわしくはこちら:
http://makeyourcloth.blogspot.com/2011/05/numan.html

■the medium necks
2004年アルバム「the medium necks」を制作。音楽制作と平行して服の制作も始める。2007年にasunaのレーベルao to aoからミニCD「stars,stars」。シリーズ2作目の「flying mobiles, trappings」を2011年リリース、飛田左起代=the medium necksとなる。現在はアヴァンフォークサイケデリックバンドhelllのメンバーとしても活動している。
http://www.themediumnecks.com/



-
SUBSCRIBE


注意:15日からスペイン中で巻き起こったこのムーブメントには、幾千もの美しい光景があったが、この映像はそこには含まれない。参考として、喜びではなく、数分の野蛮な場面を提示しておく。

バルセロナのプラザ・カタルーニャの占拠キャンプが排除された後、人々が広場を囲んでいる。その後、人々は一台のごみ収集車の通行を妨げる。ごみ収集車は、キャンプで使われた資材および多くの人の身の回り品を運び去ろうとしているのである。

(映像・音楽・テキスト:Filastine

日本のネチネチ陰湿な弾圧と、欧米のバチバチ硬質な弾圧と、どっちがいい? って、どっちもイヤだけど、代用監獄(←リンク先のwiki右下の「警察が容疑者を拘束出来る期間の上限」に注目)がないことについては、「欧米いいな」と思う。

-
SUBSCRIBE


☆反原発サイファー&セッション!

5月28日(土)13時
一橋大学・国立キャンパス西守衛所前集合

★「反原発・脱原発」の意思を街頭で表現しよう! ラップ、歌、スピーチ、ポエトリー、楽器(アコースティック)など何でもありです。機材はトラメガ3台のみ!どうぞよろしく!
*雨天の場合は中止です

-
SUBSCRIBE


去りゆく原発に贈るデモ!!! 3年B組ゲンパチ先生!!

 私たちは、たくさんのことを学びました。どれほど原発が地震に弱いかを、どれほど政府が役立たずかを、どれほど電力会社が欲ボケかを、今まで私たちが、どれだけマヌケだったかを。もう十分だ。一刻もはやく、卒業しよう、原発におびえる生活を。
  だけど、いつまで待っても、原発は卒業式をやってくれない。これ、なに待ち? 発明待ち?票待ち?金待ちか?! なんだか知らんが早くしろよ!この島に は、今日にも明日にも来るかもしれない、地震と津波が待っている。時間がないんだ。3月の卒業式を待ってはいられない。
だったら、こっちからやってやれ! 原発からの卒業じゃない。卒業させよう!原発を!大事なことは、自分たちでやるんだ。原発強制卒業式だ! 

  いまだに「安全」と「影響はない」を繰り返す、政府、電力会社、御用学者たち。放射能と嘘を、環境と時間に薄めてごまかし、新たな危険をつくりだそうとす る無責任と無反省。信じられぬと嘆くよりも、奴等を信じて死ぬよりも、信じられるか!と笑いとばすほうがいい。忘れないでいよう、「想定外」や「風評」な んか、嘘つきどもの言い訳だ。
 名残惜しいか? もうたくさんだ!さよならだけでは寂しすぎるから、卒業祝いに爆音も添えて、去りゆく原発たちへ、贈るデモだ!

6月5日(日)PM3:00
場所:大阪市南堀江公園

原発(強制)卒業式+サウンドデモやります!!!!!!!!!!!
ええじゃないか〜!ええじゃないか〜!
原発なくても〜ええじゃないかぁ〜!!!

Anti nukes sound demo!!!
6.5(sun) pm3:00,Minami horie park in osaka city

▼参加MC、DJ続々と決定!!!
◎2YANG [1☆狂、国際ボーイズ]
◎DJ INBE

※まだまだ参加募集しております!お願いします!!
※サウンドでもは激しい雨天時、多少変更ありまっす。デモは雨天決行! 

▼ブログあります!要チェック!
http://osaka-antinukes.tumblr.com/

▼協力・サポートしてくれる方募集しております!!
私 たちは、6月5日に原発卒業式とサウンドデモを大阪市内で企画している個人の集まりです。親子、フリーター、バンドマン、DJやってる人、平社員、酔っ払 い、社長さん、金ない人、いろいろな立場の人がいっしょにやってます。また、固定したグループでもないので、あまりしっかりした企画力がありません。
そこで、できたら、一緒にデモのスタッフとして裏方をやってくれる方、サウンドシステムや発電機を提供していただける方、ネットで情報を拡散していただける方、ラップやDJをやってくれる方、その他、なんでも協力していただける方、ぜひご連絡くださいませ!!!


6月5日原発卒業式制作委員会 
6.5antinukes@gmail.com
twitter: 6.5antinuke

-
SUBSCRIBE


The Wildfire Spreads(私たちは野火となって広がってゆく)

Filastineのブログ記事の翻訳:
http://filastine.com/log/2011/05/the-wildfire-spreads.html


今現在起こっているスペインでの蜂起は、確かに地中海の対岸での反乱に直截インスピレーションを受けている。しかし、この蜂起は、独裁国家からではなく、リベラルなヨーロッパ型民主主義国家で始まっているのだ。エジプトやチュニジアとは異なり、抹殺や拷問は逸脱行為であり、報道は売れるものであれば何でも自由に書くことができる。現在の選挙で選ばれたスペイン政府は、左派政党によって率いられ(注:5月19日時点では)、悲しいかな、ほかの政府と比べてみれば、世界の中では進歩的なものだと考えられている。

この事が意味するのは、私たちが、なにか全く新しい要求、ユートピア的な蜂起、より直截的な民主主義への探求の出現を目撃しているということだ。この新しい運動の強さ、および弱さは、それが一つの象徴、旗、または単一の名前を有していないということである。それは、広場を埋め尽くした数千の人々の集合的想像力のなかだけに存在している、ひとつの可能な未来なのだ。

イギリスの公共サービス削減への抗議やフランスのストとは異なり、これらの広場の占拠(少なくともバルセロナでの)は、予算カット、賃金、労働契約または学費に関する明白なスローガンで埋め尽くされてはいない。人々の対話はより深くなり、ほとんど哲学的と言ってよいほどである。「なぜ私たちはこんなクソみたいな生活を強いられるのか?」「いったい私たちは誰によってこんな目にあわされているのか?」「どうしたら私たちはこの状態を克服できるのか?」、そして最も根底的には、「私たちはどのような社会に生きたいのか?」という問いがある。

現在の民主主義政府のモデルは、もはや過去のものであり、進むべき未来はどこにもないと議論され続けている。70年代まで続いた独裁体制を鮮やかに脱したスペインが、現代資本主義の合意への信仰をやめるというのは驚くべきことであろう。たとえ、月曜日にはスペインの人々が広場から立ち去ったとしても、今回の批判が消え去る事はない。それは、べつの形で、べつの場所で再び現われることだろう。歴史は終わらない、私たちはまだ歴史を作りだすことができるのだ。

(翻訳:Kenichiro Egami)

-
SUBSCRIBE

スペイン革命

POSTED IN | , 5/22/2011


70年前の話ではなく、いま現在の話。アフリカ大陸を発生源とした「レヴォリューション津波」が、ゆっくり内海を渡って、いよいよヨーロッパ大陸に到達した模様。この津波は悲しみを運んで来ないから、日本にも遠慮なく打ち寄せてもらいたい。それにしても、「広場」がほしい。


▼占拠している広場からの声明

わたしたちは何者か:

わたしたちは、自由に自発的に集まった個人の集まりである。
わたしたちは5月15日日曜日の集会の後、わたしたちの尊厳と、政治的/社会的意識の変革のために、闘い続けることを決めた。
わたしたちはどの政党も団体も代表しない。
わたしたちは、変化に向けての唯一の道に加わっている。
ここに参加できない人たちとも、強い意志と連帯によってつながっている。

なぜわたしたちはここにいるか:

わたしたちがここにいるのは、政治的/経済的利益よりも生活が優先される新しい社会を望むからである。
わた したちは、社会の変革と社会的意識の向上を要求する。
わたしたちがここにいるのは、人びとは眠っているわけではないということを知らしめるためであり、わたしたちはこの闘いを平和的に続けて行く。
わたしたちは、集会への参加中に警察に逮捕された仲間たちを支援し、かれらが直ちに無罪で釈放されることを要求する。
わたしたちは、これらすべてが今すぐ実現されることを求める。もしあなたが共感してくれるなら、ぜひここに参加してほしい。
「リスクを避けて失う よりも、リスクを顧みずに行動して失うほうがましだ。」
http://madrid.tomalaplaza.net/manifiesto-2/ より)


▼日本語での報道:

【5月19日 AFP】失業率の悪化が深刻な問題となっているスペインで、22日の地方選挙を前に、インターネット上の呼びかけで集まった数千人のデモ隊が前週末から、首都マドリード(Madrid)など各地の広場で座り込みを続けている。
座り込みは「Real Democracy Now」がネット上で呼びかけ、15日に始まった。マドリードのプエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)広場には18日、数千人が集結。市当局は同日午後18時から同広場での集会を禁止したが、デモの主催者側は22日の投票日まで座り込みを継続する 構えだ。
スペインの1~3月の失業率は21.19%と、先進国で最悪のレベルを記録。若者層ではさらに深刻で、2月の25歳以下の失業率は44.6%にも上っている。
http://www.afpbb.com/article/politics/2801039/7234764 より)

【5月22日 AFP】スペイン各地で前週末の15日に始まった失業と経済危機に抗議するデモは、地方選投票日を翌日に控えた21日も続いた。デモ主催者側は投票日当日の22日に会議を開き、投票日以降のデモ継続を決める方針だという。
投票前日のデモが禁止されているスペインの選挙管理委員会は19日、週末の21日と22日に予定されているデモは憲法で保障されたデモの権利を逸脱する もので違法だと宣言したが、不動産バブルがはじけた2008年以降では最大規模となったデモを止めることはできなかった。
2011年第1四半期のスペインの失業率は、先進工業国で最悪の21.19%に上昇した。2月の25歳未満の失業率は44.6%に達した。
http://www.afpbb.com/article/politics/2801607/7248341?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics より)


【5月22日 CNN】スペインの首都マドリードなどで21日、若者らが政治や経済の問題をめぐりデモを展開した。同国では22日の地方選挙投票日を前に、7日間連続でデモが続いている。
デモ主催者や同国内メディアによると、バルセロナでも大規模なデモが行われたほか、バレンシアや各地の小都市でもデモ隊が失業率が依然高水準にあることなどに抗議の声を上げ、参加者は計数万人に達したとみられる。
同国では選管当局が、投票日前日を「熟慮の日」と定め、デモや選挙運動を禁止する通達を出していた。最高裁は20日夜、この通達の取り消しを求める訴えを却下したが、デモは決行された。
ルバルカバ副首相兼内相は20日、記者団との会見で「法の順守」を強調する一方、デモ鎮圧に警察は出動させない方針を示した。選挙では与党の苦戦が予想され、政府はこれ以上の事態悪化を避けたい意向とみられる。
マ ドリード中心部のプエルタデルソル広場には21日、デモ隊が「熟慮中なのでじゃまをしないで」などと書いたプラカードを掲げた。参加者は若者を中心に子ど も連れの家族や高齢者まで幅広く、それぞれが雇用への不安などを口にした。同国の失業率はユーロ圏最悪の21%に及び、特に15―24歳の年齢層では 42%に上っている。
同広場には連日のデモに対応する形で一大テント街が形成され、調理場やプラカード製作コーナー、広報コーナー、さらには子どもの保育施設まで登場した。デモ隊は選挙終了後も抗議行動を続ける構えを示している。
http://www.cnn.co.jp/world/30002823.html より)


▼Twitter
#globalcamp
@_globalcamp
#takethesquare
@takethesquare

▼Facebook
Spanish Revolution page on Facebook (スペイン語)
Take the square page on Facebook

▼ウェブサイト
http://takethesquare.net

▼世界各地の連帯キャンプ
Campmap.

▼写真:
#spanishrevolution Flickr group
#europeanrevolution Flickr group
http://www.flickr.com/search/?w=all&q=estoesreflexion&m=text
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-13482868

▼映像:
"Spanish Revolution"
"Spain taken the street for a true democracy" (sic)

▼マドリードのプエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)広場からのUstream放送:
http://www.soltv.tv/soltv2/index.html

▼音声アーカイヴ:
The sounds of a revolution? by Mediateletipos

▼バルセロナにいるFilastineのブログ:
http://filastine.com/log/

-
SUBSCRIBE


イルコモンズ監修「アトミックラウンジ」アーカイヴ展示

[日時] 2011年5月22日(日)~29日(日)
(月:14:00-21:00・火/水/木:19:00-22:00・金/土/日:14:00-21:00)
※入場無料・撮影可

[会場] 路地と人
   千代田区神田神保町1-14 英光ビル2階



「夢の原子力エネルギーから、悪夢の原発事故までの半世紀」
元・現代美術家で、文化人類学者のイルコモンズ監修/収集による「原子力の時代」のサブカルチャー資料のアーカイヴ+デモ展示。
原子力エネルギー、原子力発電所、核兵器、核戦争、放射能、原発事故などをとりあげたマンガ、雑誌、ミニコミ、映画、レコード、本、そのほか、さまざまな資料の展示を通じ、1980年代の「反核/反原発ムーヴメント」を回顧しつつ、ポストゼロ年代の「反/脱原発ムーヴメント」を展望/待望します。

[主催] イルコモンズ・アカデミー
[協力] 路地と人、いるといらとそのなかまたち

■イルコモンズ(小田マサノリ)
1966年、福岡生まれ、サブカル育ち、文化人類学者、現代美術家、メディア・ア
クティヴィスト、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所特任研究員、中央大学兼任講師、多摩美術大学非常勤講師、著述多数・著書なし、ブログ「イルコモンズのふた。」
http://illcomm.exblog.jp

【お知らせ】
※「アトミックラウンジ」巡回展
本展示のための場所を無償で提供してくださるフリースペース、公民館、ギャラリー、美術館、大学を探しています。提供していただける方は mod@aa.tufs.ac.jp (イルコモンズ)までご連絡ください。

※「アトミックラウンジ」アンデパンダント展
反原発デモなどのためにつくったメッセージボードやプラカードなどを自主的に搬入・搬出していただければ、会場のスペースが許す限り、無審査ですべて展示いたします。
詳しいことは日時・場所などが決まり次第お知らせします。


-
SUBSCRIBE


このごろ警察よけいにムカつく!ということで、連中の眼を欺き、虚をつく表現活動をする、世界各地のストリート・アーティストたちの景気のいい映像をだらだら流しながら(ポータブルDVDプレーヤーを持っている方がいたら貸してほしいです)、ZESTくんと「なんとかバー」開きます。

5/23 (月) 19時〜
KOENJI RHYTHM ASYLUM @なんとかバー

5.7原発やめろデモ!!!!! 弾圧救援会」へのカンパも集めます。いつもはタフガイ・アピールすごいくせに、こういうときだけ「怖い人たちに公務を妨害されました」みたいに弱い子ぶる警察は許しがたい。

-
SUBSCRIBE


サパ子とだだっこのYABASTA!(もうたくさんだ) 放射能BAR!

日時:5月17日(火)19時~ 
場所:なんとかBAR

みなさん、被曝してますかーーー!!! 

サパ子とだだっこのYABASTA! (もうたくさんだ!)放射能BARでは、美味しく、
かつ体内から放射性物質を排出し、免疫力を高めるための食べ物を使った、
放 射能対策メニューを出しつつ、
みんなで放射能デトックス対策を語り合いたいと思ってます!! 

また、震災で縮こまった体をほぐすための体操タイムもあり!!
BGMは反原発ソングのオンパレード(予定)! 
ついでに反原発替え歌も一緒に考えよう!! 
ほか、5月15日の福島いわき市での反原発デモに参加した
だだっこによる福島デモレポなどもやりたい所存! 

とにかくこのご時世、セルフディフェンスで生きのびよう!!

-
SUBSCRIBE

砂漠0号

POSTED IN | , , , 5/15/2011
砂漠0号_read

プリント用PDFはこちら:
http://bit.ly/kLDP1b

-
SUBSCRIBE


もうけっこう前のことになってしまいましたが、先月の29日、Human Recovery Projectによる「kids d.i.y. プロジェクト」のワークショップが開かれて、この日のIRAはパンクの姉さんたち、ちびっ子どもとその親たちによって完全に占拠されました。(上の写真を見て、「うわ、IRAのあの汚い床に子どもをじかに座らせてる」と思ってる人へ。ちゃんと事前に掃除しましたから。)

このプロジェクトは、被災地各地のこども達(&わかもの達&おとな達)が繋がれるネットワーク作りを目的に発足、29日のワークショップで完成したジンを携えて、5月2日には、南三陸市志津川小学校でワークショップを開催。まだまだ試行錯誤中ということですが、とりあえず行ってみなけりゃ/やってみなけりゃわからない、ということは、被災地支援に携わる友人たちみんなが言います。思い立ったらとりあえず動き出してしまうパンクの姉さんたちリスペクトです。



くわしい報告はこちらを:
http://hrp-diymusic.blogspot.com/2011/05/kids-diy-42952.html

-
SUBSCRIBE


福島とおなじレベル7の「チェルノブイリ今じゃ ゴーストタウン」…。

Tod Seelie(NYのアウトロー・自転車チーム「Black Label」と一緒に日本に来てた写真家)が撮ってきたチェルノブイリの写真がここで見れます。
http://blog.suckapants.com/2011/04/respect-or-punish.html
http://blog.suckapants.com/2011/04/let-them-believe.html
http://www.todseelie.com/chernobylsquare/





SUBSCRIBE
『はまセン』は、5月29日(日)までボランティア大募集!!

・ガレキ処理ボランティア
・ガレキ運搬ボランティア
・家屋(屋根等)解体ボランティア
・チェンソーが扱えるボランティア
・調理ボランティア
・家屋内片付けボランティア
・長期(1週間以上)、避難所の各種お手伝いができるボランティア
それぞれ大募集!!

・1時間でもかまいません。『はまセン』の活動に参加してください!!
・被災された方に贈る「中古軽トラ」も大募集

「本当に仕事はあるんですか?」というお問合せが多くなっていますが、まだまだ作業はありますので、「作業の有無」については確認無しでお越しください。
事前予約は要りません。
個人・団体全て受入れますが、バスでお越しの場合は事前にご連絡ください。
駐車場、テントサイト完備!! 
なんと、お風呂にも入れます。(毎日ではありませんので予め…)

全国の皆さま、被災地の涙を減ら、笑顔を増やすため、是非『はまセン』の活動にご参加ください!!

http://hamacen.hida-ch.com/


-
SUBSCRIBE


2011年5月7日、東京・渋谷で行われた「5.7原発やめろデモ!!!!!」では、15000人を超える参加者を集めるデモ行進がありました。たくさんの人が、それぞれのスタイルで、「原発はいらない」を表現する素敵な行動でした。しかし、警察は大量の機動隊を配置して、デモを妨害し、大量の参加者を細かく分断してしまいました。雨の­中、デモ行進は出発だけで3時間もかかってしまうあり様でした。また、機動隊は隊列を取り囲んで身動きが取れないようにしました。他にもまだまだひどいことがあるのですが­、ここでは書ききれません。参加者がネット上で様々な立場から異様さを指摘しています。警察の妨害がなければ、デモはもっと自由であったはずです。
 そんな中、4名の参加者が法的な根拠もなく警察に連れ去られました。うち2名はその日のうちに解放されましたが、残る2名は警察の留置場内にいます。警察は公務執行妨害容­疑での現行犯逮捕であると言い張っています。そもそもデモ行進に大量の警察官が割り込み、混乱状態を招いておいて公務執行妨害とはまったくおかしな話です。むしろこっちが­警察を逮捕してやりたいところです。

http://57q.tumblr.com/

こういう馬鹿げたデモ規制、デモ弾圧を二度とさせないために、 5.7原発やめろデモ!!!!! 弾圧救援会を応援しましょう。どんどん賛同メッセージを送って、いろんな人が注目してるし、怒ってるってことを連中に知らせたいところ。
こんなあからさまな、反原発の盛り上がりをつぶす目的の逮捕を許して、連中の手のひらの上でしか意思表示できなくなってしまうとしたら、この先ずっと原発もなくならない。

映像や写真を見ると警察のブルータルっぷりがハンパない。リンチって言うんだよ、こういうの。ちょっと触ったかぶつかったか、詳しくはわからないが、そのくらいで公務執行妨害で逮捕なんて意味わかんねぇよ。

-
SUBSCRIBE


国や役所の恣意的な情報操作で市民の命や人権がどれだけ危険にさらされ、蹂躙されているのか? その“公的”な情報をどう読み取って理解するか? というリテラシーを各自が養う必要性がある、ということは、間違いなく、311の悲劇から学ぶべきことのひとつだと思う。
(「3軒茶屋40男辞典 *音楽評論家 鈴木孝弥のブログ」から)

ほんと、そう思いますね。

-

マリファナ・マーチ 2011

・青山から表参道、原宿・明治通り、渋谷ハチ公前を、 埋め尽くそう!
・安全っていってた原発こそホントに危険、危険といってた大麻はホントは安全。原発には金をばらまき、大麻には手錠をはめて取り締まる・・・3.11までの世の中、みんなあべこべ、ウソだった! 
・原発、大麻、性的マイノリティ、障害者・・・3.11後の訴えを総結集!
・人に優しい社会、人権を守る社会、真に自由で暮らしやすい社会を!

5月15日(日) 11:00 START!(入場無料)

場所:青山公園(南地区)/港区六本木7丁目
東京メトロ千代田線「乃木坂」5番出口徒歩1分、日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木」下車徒歩5分。

《Live》
RANKIN TAXI
のらりーず
バリューバンド
wassapi

《Belly Dance》
Butterflys

《Symposium》
鈴木孝弥
山本奈生
麻生結(カンナビスト)
守り犬(カンナビスト)

《Speech&Talk》
鶴見済
長吉秀夫
赤星栄志
太田ノブ
神長恒一
ぺぺ長谷川

-
SUBSCRIBE


以前、NU☆MAN社会科見学でおじゃましました恵比寿のPOTTO。こんどワークショップをやるよ、ということなんで、シンプルだけどひと味もふた味も違う服を自分で作ってしまうチャンスです!

http://vacant.n0idea.com/post/5183142672/potto-5

-

その独創的なクリエイティビティで、
ひっそりと、だが確固たるポジションを築くPOTTO
商品をいっさい工場に出さず、
すべて自らの手で制作するPOTTO。

そういったストイックな姿勢とは裏腹に、
デザイナー山本氏は、きさくでおだやかで。

そんなPOTTOのもつ、自由さや、リラックスな雰囲気を、
ワークショップを通じて体験しませんか?

POTTO CRAFT REVOLUTION WORK SHOP
〜ポトと一緒に服を作ろう〜

5日間のワークショップです。
それぞれ1日で完結しますので、
各回ごとに独立して参加できます。
※素材・材料はご用意いたしますが、もしご希望のものが
ありましたらご持参ください。
※材料、人数に限りがございますので、
できるだけ事前のご予約をお願いします。
yamapotto@hotmail.com

*5/11 wed リバーシブルキャップ
19:00〜22:00 / 4,000yen / Level2
*5/21 sat 色々な顔のトートバッグ
13:00〜 / 3,500yen / Level1
*5/22 sun リメイクTシャツ
13:00〜 / 3,500yen / Level1
*5/28 sat Tシャツで作るカーディガン
19:00〜22:00 / 4,000yen / Level2
*6/1 wed ぬいぐるみの型紙で作る服
19:00〜22:00 / 5,000yen / Level3

Level1: 子供も参加できる!
Level2: ミシンを使ったことのない方でもできる!
Level3: やろうと思えばできる!

みなさまのご参加を楽しみにしております。

-
SUBSCRIBE


明日7日のデモでは、4.10に引き続き被災地への支援金も集めますが、デモの運営費のカンパも集めます。1000円以上のカンパで上の写真にある「NUCLEAR, NO THANKS」小旗を差し上げます。はーぴーさんデザインの、もっとカラフルな旗も用意してます。

被災地支援は機会があるたびにしているし、人にもすることを勧める。でもどうか自分たちの身の回りのインディペンデントな活動のサポートも忘れないでー、ということは言っておきたい。(「TOKYOなんとか」界隈のお店も、3.11以降みんな大変)


5.7 原発やめろデモ!!!!!の詳細

14:00 渋谷区役所前交差点集合!

15:00 前代未聞の超巨大デモ!!!!!
出発前大集会(代々木公園内ケヤキ並木)

【アピール&演奏】
難波章浩(Hi-STANDARD)YOSHIYA(RADIOTS)
チグリハーブ高橋まこと(ex.BOφWY)+まどかまるこ+たぬ
ハ・ホンジン(from SEOUL)
藤波心(挨拶&歌)
ジンタらムータ+チンドン有志

【アピール(順不同)】
染谷ゆみ(TOKYO油田2017/再生可能エネルギー)
Misao Redwolf(NO NUKES! PEACE DEMO In Iwaki, FUKUSHIMA)
高田久代(グリーンピースジャパン/放射能海洋汚染調査について)
坂田昌子(虔十の会代表/上関状況報告)
福島瑞穂(社民党党首)
宮台真司(社会学者)
6.11超巨大デモアピール
他、飛び入りあり!?

【司会】
山下陽光(素人の乱)

and more…


超巨大デモ(出発順)

――――――――

ジンタらムータ+チンドン有志

――――――――

DANCE Bloc!!!!

【DJ】
DJ TASAKA
TOSHIO BING KAJIWARA
401(LIVErary / PHYTAMAR)
Sacari(viruses)
MAKOSSA

【LIVE】
RANKIN TAXI
RADIO MAROON

SOUNDSYSTEM:
コバヤシステム(WEEKEND)& ECLECTIC SOUND

――――――――

高円寺アナーキーオールスター号!!!!

【LIVE】
RANGE & THE DIRTY HOSPITAL
ねたのよい
JUNXPUNX
フジロッ久(仮)
どついたるねん
パンクロッカー労働組合

――――――――

ドカドカうるさいマーチングバンド!!!!

だれでも参加可・経験不問・リーダーなし・指揮者なし・持ち曲なし・ルールなし・練習無用・うちあわせなし。

打楽器・管楽器・弦楽器・笛・ブブゼラ・カズー・なべ・フライパン・ゴミ箱・ダンボール・ラジカセ・その他をご持参ください。

――――――――

Human Recovery Project Bloc!!!!

【LIVE】
The Happening
SUPER DUMB
ELEKTRO HUMANGEL
HIKO(ds. GAUZE)×日比谷カタン(gt.vo)UNIT
BAND OF ACCUSE(from福島)
+反核JAM

PA:
n.a.m.
PA ANTICHARGE
PA darkraw

――――――――

SOUND SLUGGER Bloc!!!!

【DJ】
e-mura(RUB-A-DUB MARKET)
DIRECT IMPACT
YAHMAN(Tribal Connection)
大石始 feat.アクセル長尾(赤い疑惑

【LIVE】
LIKKLE MAI
KEN2-DSPECIAL
RUMI

SOUNDSYSTEM:
eastaudio SOUNDSYSTEM

――――――――

も ちろんこれらのサウンド集団の他にも、プラカードで自己主張する人から、ピクニック気分で訴える人たち、大真面目な怒りのシュプレヒコール部隊、片手缶 ビール部隊などなど、老若男女、子連れの家族も含めありとあらゆるジャンルの参加スタイルが予想される。本当にいろんな人たちがいるから、フラッと参加し てきても、自分の居心地のいい場所は選び放題!それに、前回の高円寺デモの時もそうだったけど、特にあてもなく一人で参加する人も大量にいるはず。これは もう、迷ったら損! どんどん駆けつけるしかないね!!

※デモの最後尾には体の具合が悪くなったときの救護とハラスメントや差別がもし起こってしまった場合にかけ込める「セイファースペース」を準備しています。
デモコース

渋谷区役所前交差点→原宿駅前→表参道→青山通り→渋谷中心部へ→109前→ハチ公前スクランブル交差点→明治通り→渋谷区役所前



※クリックで拡大します


雨天決行。ただし、雨の降り方によっては、サウンドカーが出動出来なくなる可能性があります。


天ぷら油発電!

★サウンドデモに必要なエネルギーの一部には天ぷら油が使われています

天ぷら油リサイクル発電を推進しているTOKYO油田の協力で、原発に頼らないデモ作りが試みられています。

★デモに参加する皆さんへ 使い終わったてんぷら油を持ってきてください!

再生可能エネルギー(原発に頼らず、CO2も出さない天ぷら油&太陽光)の今後の取り組みを促進するため、当日は使用済み天ぷら油の回収をします。

・漏れない容器に入れて持ってきてください。
・容器は当日設置する缶に油を移し替えて、持ち帰ってもOK。置いていってもOK。
・天ぷらのかすが入っていてもOK!
・業務用やラードはNG!
集会&デモ生中継!

参加できない方のために集会とデモをUstreamの岩上チャンネルで生中継します。このブログのトップページでも見られるので、14:00になったらアクセス!

-
SUBSCRIBE

フライヤー・ダウンロード(PDF / A4)

第3回アナキズム一箱古本市

どんな“アナキズム”の本が集まるかは当日のお楽しみ。稀少本、珍本あり?
参加者も募集!参加費500円(先着5名程度)。あなたが“アナキズム”と思えば何でもOKです。
出店希望者は、ggpgmavo(at)gmail.comもしくはイレギュラー・リズム・アサイラムまで。

日時:5/21(土)14:00~


大杉栄『日本脱出記』土曜社刊)出版記念イベント


19:00〜
お話:大杉豊さん


於:カフェ・ラバンデリア

-
SUBSCRIBE


日時:5/8(日)15:00~18:00  ※雨天中止です。
場所:新橋・東京電力本社前(山手線新橋駅日比谷口から徒歩
3分)

発起人さっちゃんからの言葉

3/18にはじめて東電本社前にきてから、折にふれ参加してきた東電前での原発抗議アクション。この場所で、同じく参加者として来ていたパンクバンド"Voice Of Militarize"のメンバーと共に、ライブ中心の抗議行動を企画することにしました。

ここでなら、東電の役員や社長に自分の音や叫びを直接聞かせることができる。
これってなかなか無い機会だよ!

弾き語りからハードコアパンク、フリースタイルMCまで、オールジャンル大歓迎。
楽器と反原発の想いを持参しての結集、よろしくです☆

★さっちゃん(KORAKORA/THE HAPPENING/ex.花&フェノミナン)
mixi→ http://mixi.jp/show_profile.pl?id=2123547&from=navi
twitter→ @sacchan69

■出演を希望される方へ
出演者を大募集中!
当日の飛び入りも歓迎ですが、
可能な方は事前にメール↓いただけると助かります。
sacchan_mango@yahoo.co.jp

集合時間:14:30に現地集合
持ち時間:15〜30分程度を目安に、当日集まった人数を見て決めます。
機材:ミニドラム、Gアンプ、Baアンプ、マイク、スタンドを各1個ずつ用意してます。
※足りない機材は自前で用意して下さい。
お願い:近隣のご迷惑にならないよう、現地では音量の調整にご協力ください。
5月2日追記:「出演枠はいっぱいになりました(感謝!)。これから参加を検討してる方は、飛び入り1曲程度でお願いします。」


現在出演が決まっているアーティストはこちら
Voice Of Militarize(バンド)
朴保(バンド)
国分寺エクスペリエンス(生ギターユニット)
土っくれ(ex.花&フェノミナン)
MC火男(ラッパー、バックはセッション)
生田卍(弾き語り)
館野公一(弾き語り)
さっちゃん(弾き語り)
くまさん(弾き語り)
関組長(1曲飛び入り)

SUBSCRIBE

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。