地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)

NO SLOGAN JAPAN TOUR 2009

POSTED IN | , , 3/10/2009


PERSONA UNKNOWNから、ライブお知らせが届いたので紹介。
NO SLOGANとは言いながらも「反人種差別」をはっきり掲げたバンドのようなので、かれらのライブを見れば、日本のパンクスもますます日本国内で起きている人種差別に立ち向かっていく勇気を得ることでしょう。
おそらくライブ会場で配られることになる、MAXIMUM ROCK'N'ROLL #283の「移民パンク」特集の記事「不法な人間はいない!」の日本語訳も送ってもらったので、ここに貼付けておきます。


Persona Unknown presents
NO SLOGAN JAPAN TOUR 2009
"La muerte del sueño americano - アメリカンドリームの死"

メキシコ系移民の多いシカゴの貧民街サウスサイド地区で、Pretentious Assholes, I Attack,Los Jodidosのメンバーらによって、2002年後半に結成されたNo Sloganの日本ツアーが4月に行われる。様々な音楽的バックグラウンドを持っていた彼らのサウンドは結成当時に目指していたように、80年代初期アメリカ中西部で活動していたToxic Reasons,Zero Boys, Naked Raygun, Articles Of Faith, The Effigiesといったバンドを想起させる。そして右翼的傾向にあるアメリカとアッパー/ミドルクラスへの批判、地元の仲間が直面している問題をテーマに歌う姿はパンクの初期的衝動に溢れていて力強い。99年に立ち上げたSouthkoreというコレクティブも健在でメンバー自宅の地下室- Ranchos Huevosでプレイした日本のバンドも多いだろう。2006年と2007年にはアメリカでも初の"スペイン語を話すバンド"をアメリカ全土、カリブ海から集めて大規模なフェスティバルを行っている。No Sloganは自らを"pro-Paiza,kill whiteny band-バカをやるの大賛成,白人社会を殺せバンドだ"と言う。

ツアー直前の4月1日には,アメリカのResidue recordsがリリースしたファーストアルバムにextra trackを加えた"Aversion Therapy"日本盤CDがPersona Unknownよりリリースされる。


SUBSCRIBE

0 Responses to 'NO SLOGAN JAPAN TOUR 2009'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。