地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)


フィラスティンの2ndアルバムが完成。期待を裏切らない、とても素晴らしい出来。(IRAで扱うのはPost World Industries / Soot / Uber Lingua版で、日本版はROMZからのリリース。)

ジャケットにとりあえず興奮する。ギリシャの神殿にサンパウロによくあるスタイルのフォントで「FILASTINE」のタギング、神殿の前にはショッピングカートが転がり、背景には寂れた姿の世界各地の高層建築群… ギリシャやフランスやアイスランドなど、いま世界各地で頻発している暴動/蜂起に呼応するかのようなアートワーク。フィラスティンがフランス・トゥールーズのデザイナーと恊働で手がけたとのこと。ジャケット内側には、前作Burn Itと同じく、フィラスティンの友人で、中東や南米など戦地や反資本主義闘争の現場を旅して回るフォト・ジャーナリストAndrew Sternの写真を使用している(レバノンか)。

「高円寺一揆」で共演したECDをはじめ、今作でもフィラスティンは、世界各地の様々なスタイルのミュージシャンとコラボレートしている。アルジェリアで一番人気があると言われるポリティカル・ラップグループMBSRabah、フィラスティン作品には毎回欠かせない存在となっているボーカリストJessika Skeletalia Kenny、オーストラリアのアボリジニー・ラッパーWire MC、アルゼンチンのポリティカル・ラップ・トリオActitude Maria MartaのMalena、マドリードのフラメンコ・ギタリストCalvin Hazen。また、フィラスティンが参加していたラディカル・マーチング・バンドThe Infernal Noise Brigadeのツアー中に収集した音なども使用し、フィラスティンが更新し続ける「グローバル・アンダーグラウンドの地図」のネットワークを存分に生かした作品になっている。(ついでに、最近、 SwoonBluJorge Rodriquez Gerada ——いま最も注目を集めているストリート・アーティストたち——とメシ食って…、という話がフィラスティンのブログに載っていた。どれだけヤバいネットワークを持ってるんだ?)
そして、このようなコラボレーションが実現していく過程は、映像文章で記録され公開されている。

最後の曲"Como Fugitivos"は、スペイン・グラナダの、洞窟を改造した自主管理スペースで、フィラスティンが出会ったという十代のジプシーの女の子La Perlaがボーカルをとっている。ちょうど1年前に、バルセロナのフィラスティン宅を訪れた際、数日前に録音したばかりだという、そのジプシーの彼女のボーカルを聴かせてもらった。彼女との出会いや曲のコンセプトについて、フィラスティンは興奮ぎみに語ってくれた。詳しい内容は忘れてしまったが、銀行の窓は叩き割られ、大型店から奪取された物はそれを必要としている人々に分配され、というような、暴動の情景を物語るような歌詞を歌ってもらったのだそう。ジプシーの伝統的なスタイルで、高らかに…。
というわけなので、この最後の曲はジャケットを眺めながら聴くと、より良いかもしれない。

[tracklisting]
01 Singularities
02 B'talla (ft. Rabah)
03 From The South To The West
04 To The Motherfucking East
05 Fitnah (ft. Jessica Skeletalia Kenney)
06 Marxa
07 Con Los Manos En La Masa (ft. Malena D'Alessio)
08 No Lock No Key (ft. DJ Collage)
09 Blung
10 Bitrate Sneers
11 Hungry Ghosts (ft. Wire MC and ECD)
12 Desordenador
13 Stereofonic Streetscape Blowout
14 The Sinking Ship
15 They Move Like Somnambulists
16 Strategy of Tension
17 Como Fugitivos (ft. La Perla)


フィラスティンは、2009年4月終わりに来日予定!
4月26日はスケジュール空けておいて下さい。



完成しつつあったECDとのコラボレーション・トラックを試聴中。バルセロナのフィラスティンの部屋。左はシガちゃん。


バルセロナのフィラスティン・ステンシル(右端)。

↓つい最近のベルリンでのライブ(パーカッション・パートを編集したもの)。「高円寺一揆」では出来なかった、動きの多いこういうライブが今度は見ることができるはず。

Percussion bits for Filastine Live at Transmediale 2009, Berlin from Grey Filastine on Vimeo.
SUBSCRIBE

0 Responses to 'FILASTINE "Dirty Bomb"'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。