地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)
日時:2009年1月19日(月)1:51
件名:ハロー、破壊されたガザから!

2009年1月18日(日)侵攻23日目
ガザ停戦!これが停戦か?とんでもない!

今 朝(2009年1月18日日曜)、イスラエルは一方的停戦を発表した。だが、実際には、彼らはコンタクトゾーンで銃撃を続けている。フェンスの向こう側で 何時間かたって、パレスチナの諸組織が停戦を宣言した。その間も無人飛行機はガザ上空を立ち去ることなく、F16は、イスラエルによる停戦発表の12時間 後になってさえいくつかの建物を攻撃目標にした。

ほかのところでは救助作業が続いている。今日初めて、残骸の下、農地のいくつかの場所や ゼイトゥーン地区の裏道、ガザ地区の北部、そしてイスラエル軍が攻撃し破壊したところから、新たに100以上の遺体が見つかった!瓦礫や破壊された家の下 から子どもたちをふくむ一家全員〔の遺体〕が発見された家族もたくさんある。医療関係筋によると、今日、発見された死者の2割が身元不明だという!発見さ れた遺体のうち、17体は〔身元の判別が不可能なほど〕完全に腐乱が進みひとつの墓に埋葬された!

ゼイトゥーン地区の東部に住んでいたア ル=サンモーニー家の一族も遺族になった。攻撃の最初の頃、イスラエル人たちはこの一族の13人を殺した!民間人で、白旗を掲げ、その場を通過させて欲し いと訴えていたのに、彼らは撃たれ、殺されたのだ。イスラエル兵たちはさらに、自宅にいた同じ一族の15人を殺害した!今日、停戦が発効し、救助チームは またも、同じ一族の21体の遺体を発見した;この一族の50から60名もの人々が侵攻のあいだにイスラエル兵に撃ち殺されたそうだ。

死者のなかには子どもも女性も老人もいる。死者の数は1300を超えた。こんなことをどうやって信じればいいのだ、理解すればいいのだ、ただただ唖然とするばかりだ!何の罪もない市民が最大の代償を支払わされた;彼らはその命で償わされたのだ!これはジェノサイドだ!

ガ ザの社会全体が打ちひしがれている。喪われた命の数々、圧倒的な破壊、残骸、死傷者、そして絶滅のさまに!農作地も農民の家々も彼らのまわりのすべてが甚 大な被害に見舞われた!市民たちは誰もが打ちひしがれ、精神的外傷を負い、ショックを受け、悲痛な思いでいる!周囲の〔人々の〕心理的状況に心が震える! イスラエル兵が建物内部にまで侵入した住宅は、どこもかしこもめちゃくちゃにされた!彼らは壁に、ヘブライ語で「死」や罵倒の言葉やダヴィデの星を落書き し、さらには聖なるコーランにまで落書きしたのだ。

イスラエル人たちは今なおパレスチナ人の家庭に電話をかけ、お前たちに新たな罰を与え てやるぞと脅している!午後にはイスラエルの航空機が一機、反ハマースのビラをガザの西部に撒いた。愚かしい行為だ。ガザの誰もが、その政治的な帰属など おかまいなしにパレスチナ人であれば誰であろうと攻撃してくるイスラエルの有無を言わせぬテロリズムを体験したのだ;これは、パレスチナ人という存在に対 する戦争にほかならない!ビラを撒くなんてふざけた行為だ!ガザ地区のありとあらゆるところで市民を情け容赦なく攻撃し、人々のあいだに甚大な数の負傷者 と狂気の沙汰としか思えない数の命を奪ったあとでは誰ひとり、こんな愚かなビラに心動かされる者などいるはずがない。F16戦闘爆撃機によって爆撃された 市民に対して、こんな1枚の紙切れで何ができるというのだ。冗談もいい加減にしろ!

今晩のガザは、用心深い沈黙と期待のなかで時を過ごし ている!状況全体が、いつなんどき、燃え上がり爆発しても不思議ではない!イスラエルの戦車部隊が新たな作戦を展開するのではないかと恐れている者たちが いる。今まさに頭上で偵察機の飛ぶ音がする。彼らは何もかも監視しているのだ!だがイスラエルが攻撃目標にする何が今もまだ残っているというのだろう!? ガザのいたるところに恐怖の、破壊の、死の、いまだ語られていないたくさんの物語がある。ガザ市の80%が依然、電気なしの状態で生活している。

24日目 侵攻の時:
停 戦が発効した翌日だというのに、イスラエルのF16が私たちの頭上に!戦車部隊はなおガザ地区内部に。今朝、イスラエルの軍艦がガザ市のどこかを砲撃し た。その音がはっきりと聞こえた!ガザのインフラは無惨に破壊されている。電気や水が手に入る者は幸運だ。ガザ市の境界に住む者たちは電話もつながらな い。瓦礫の山、不毛な荒涼たる土地に変わり果てた地域がいくつもある。今日、アル=サンモーニー一族の新たな遺体がさらに見つかった。また、パレスチナ人 医師の妻でウクライナ人のエリナ・エル=ジャルーの遺体も見つかった。彼女の子どもたちの一人も母親の傍らで遺体で見つかった。その妹はシファー病院の集 中治療室で生きているのが分かった!報告によれば、侵攻で5人の外国人が殺されたという。

*************

GAZAでの救急作業の動画が見られます。
非常に深刻な状況が見れます。

http://www.dailymotion.com/video/x82yac_exclusif-avec-un-ambulancier-gaza_news
SUBSCRIBE

0 Responses to 'これはパレスチナ人という存在に対する戦争にほかならない!'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。