地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)

Aktion G13 report

POSTED IN | , , , 10/08/2007


AKTION G13のレポート、下に英語の全文。

結果的に新しい建物をスクワットすることは出来なかったが、欧州中から多くの応援がかけつけ1万人以上が参加する行動となり、私有財産制と生活の均一化に対する不服従と、これからも新しいスペースを求め続けること、そしてそれは警察による暴行や大量逮捕や催涙ガスなどをもってしても止めることは出来ない、ということを徹底的に示してやることに成功した、というような結論。436人が逮捕。300人以上のアクティヴィストが、尋問され釈放されるまでのあいだ、トイレに行ったり食事したりする機会も与えられず、背中で両手を縛られたまま、警察署の冷たい地下室に詰め込まれていた、ともある。

前半のほうは今回の行動の詳細な記録。とくに、それぞれ役割の異なる4つのブロックに色分けして行動したというところは興味深い。ターコイズは、黒い服を来て色んなところを走り回りよじ上る機動性の高いブロック。イエローは、だれも孤立しないように一塊となって行動したフェミニスト・クィア・ブロック(200人からなる一つの部隊は警察のラインを突破し、一人ずつ逮捕されるまで1時間ほど目的の建物内に居座ることに成功した)。グリーンは、警察に殴打されたり催涙ガスを浴びせられても大丈夫なように準備し、警察のラインを最前線で押し返していくブロック。レッドは、創造的なアクションを瞬時に実行するクリエイティブなブロック。で、今回のこの非暴力かつ反抗的なデモが始まる前には、各ブロックにそれぞれの行動形態に合った道具が分配された。ターコイズ・ブロックには、ターコイズ色のスカーフ、催涙ガスを浴びた時のためのレモン、手袋、戦術に関する情報、イエロー・ブロックには、黄色い水中めがねとマスク、グリーン・ブロックには、緑のNinjaマスク、てなぐあい。

えー、どなたかもし全文日本語訳やったら送って下さい。(日本語訳追加 10/11)




Aktion G13 report

A lot of people gathered yesterday at 1pm in Copenhagen at Nørrrebrohallen, were Aktion G13 started. We were already some thousands when a unexpected truck dressed up as a vessel with live music and pirate flags came from Christiania followed by a demo of an other thousand people.

The high organization of the event became immediatly clear to everybody: 4 trucks of different colors (turquese, yellow, green and red) guided 4 big groups of "acitve" demostrants with different roles, strategies and goals. Rostock´s five fingers strategy for the blockades were the fully declared inspiration. In the back of the demo the Christiania truck with families and less active supporters. Other 12 demos took place at the same time in the country, to keep police occupied on different places.

These the groups: turquese was the very mobile group; people were asked to come dressed in black and ready to run and climb. Yellow was the queerfeminist block; that acted as a unique collective body, including everybody and not leaving anyone back. Green was the front block, which acted with plexiglas and rubber protections to push the police lines; activists were warned to be ready to be beated and gassed. Red was the creative block, that acted quickly to realize flash creative actions.

Before the demo started it was repeatedly said that Aktion G13 was a non-violent and disobedient but confrontative action, and different things were distributed to the different groups: turquese foulards, gloves, lemon for the teargas and some strategy infos to the turquese together with rubber protections; yellow swimming glasses and yellow masks to the yellow one; green ninja masks to the green one; I don´t know what to the red one.

We all started together as a big demo formed by 10,000 people, even if each group had different strategies planned in the long workshops of the last month and a half. At some point a big number of ladders and paint baloons were distributed to the turquese block, and people ran away from the main demo following the blue flags to reach the railway, climb it and irrupt in the house we wanted to take from the back side, while others goups tried on different ways. The turquese block (500-1000 people at this moment) was blocked in the last 100 m by teargasses and reacted throwing paint baloons and finding another way to cross the rails. There a long hide and sick-run and hit-climb and cough session took place, until some of us got beated hardly by police and some arrested, and after 1 hour or more we walked back to join other groups attempting to take the house. In the meantime greens had some non violent clashes with police (demostrants were non violent, while police beated as hard as they could this time) on other sides of the area, as yellows did. Around 5pm a group of 200 yellows broke the police lines and got into the house, which they kept for one hour or so, until they all got surrounded and arrested one by one, while other people were now spread all around the house and the area, trying to force police lines in smaller groups. Police reacted with unexpected brutality, using teargas on every small group of people (also the part of the demo with families), beating hard and arresting a lot. Groups of different sizes acted now indipendently, trying to get the house in every possible way avoiding violent reactions to police madness.

After a long confrontation two-three thousand demonstrans gathered together joining smaller groups and walked back to the square the demo had started 7 hours earlier, deciding to declare the action finished.
436 people got arrested, a historical Danish record for a single day demo. A lot were injured, some had to be treated for wounds provoked by police sticks, some others were bitten by police dogs. A lot of people got arrested just cause they were there, and they got charged of different made-up bullshit, with the only purpose of justifying the fact they were kept in police stations for up to 12 hours or so. In at least one case in Valby police station more than 300 demostrants were kept together in a cold basement, with the hands tied up on their back, sitting on the cold floor, with no possibility to go the toilet, sleep or eat anything until they were released after being questioned. A collective police sueing is expected now.

Even if we were not able to keep the house, Aktion G13 was a clear success. A lot of people gathered in Copenhagen with the declared intent to squat a new house after 7 months after the eviction of Ungdomshuset and express a clear act of disobedience towards the principle of private property and normalization of life. Activists came from all Scandinavia, Germany, UK, Poland, and other countries. A mass action showed our desire to take a new house, while the violence used by police against a non violent demo shows their desire to repress strongly a movement that is not losing its strenght after such a long campaign.

"Don´t go home with frustration in your hearts, go home with happiness and joy in your hearts tonight! We took the house with a massive action today, and we kept it for some time. We have showed them our strenght, we have showed them our will to take a new house, and neither mass arrests, nor police brutality or teargas will ever stop us. Today we have demostrated we are still here, and next time, when we will take a house, we will keep it and won´t let them take it back!", an activist said from the truck declaring the action concluded.


Pics:
http://politiken.dk/fotografier/billedhjul_foto/article390148.ece?service=gallery
http://politiken.dk/fotografier/article390165.ece?service=gallery
http://politiken.dk/fotografier/article390057.ece?service=gallery
http://jp.dk/fotoflash/fotoflash_reportage/article1119989.ece
http://avisen.dk/g13-billeder-061007.aspx
http://ekstrabladet.dk/gallerier/article345413.ece

Video:
http://www.modkraft.dk/spip.php?page=nyheder-artikel&id_article=6345
http://jp.dk/webtv/webtv_indland/?movieId=14075&Id=1119856
http://politiken.dk/fotografier/article390165.ece?service=gallery
http://ekstrabladet.tv/nyheder/indland/article345398.ece


Aktion G13 report 日本語訳

約1万人もの大規模なデモが出発してG13アクションのスタートが告げられた。デモに参加した個々のグループは、この1ヶ月半のうちに多くのワークショップを重ねて練られた各々の戦術をもってのぞんでいた。しばらくすると、ターコイズ・ブロックの中で大量のハシゴとペンキ風船爆弾が配られると、ターコイズ・ブロックの目印となる青い旗を先頭に、ターコイズのアクティヴィスト達が鉄道の線路に向かって走り出し、線路を横切り、占拠予定の建物の裏から建物の敷地内への進入を試みた。他のグループもそれぞれ独自の方法で、別々の方向から建物への進入を試みた。ターコイズ・ブロック(この時点で500人〜1,000人)は、建物まであと100メートルといった地点で、機動隊による催涙ガス放射に遭ったが、ペンキ風船爆弾を投げて反撃し、線路を横切ることができる別のルートを探った。機動隊とのかくれんぼや鬼ごっこといった攻防がしばらく続き、そのうち仲間が次々と機動隊にひどく殴られたり、逮捕され始めた。1時間ほどして攻防戦が止み、他のグループがまだ占拠を試みていた現場に戻った。この間、建物の周囲の他の場所でグリーン・ブロックは機動隊と衝突していた。デモ隊は非暴力的だったのに対し、機動隊は力任せにデモ隊を激しく殴打していた。イエロー・ブロックも、またさらに他の場所で同じような目に遭っていた。夕方5時頃、イエロー・ブロックの約200人が警察線を突破して建物の中に入り込むことに成功した。1時間ほどイエロー・ブロックによる占拠が続いたのち、警察に包囲され、一人ずつ逮捕されていった。この間、逮捕を免れた人達は建物の敷地内に散らばり、警察線を分断させようと試みていた。これに対し、警察側は思いのほか激しい暴力をもって対応してきた。家族がいたデモ隊も含め、大小にかかわらずすべてのデモ隊に対して催涙ガスを噴射し、デモ隊を激しく殴打し、手当たり次第にデモ隊参加者を逮捕していった。こうした警察側の狂気に対して、大小のデモ隊はなおも非暴力的に行動し、それぞれに建物に進入できそうなルートを探り始めた。デモ隊と機動隊との長い攻防戦の末、小規模のデモ隊が数千人の1つの大きなグループとなってまとまり、7時間前にデモ行進がスタートした地点となった広場に歩いて戻っていった。そして、G13アクションの終了を告ぐことになった。

G13アクションでの逮捕者数は436名にのぼった。これは、デンマーク史上、1日間のデモにおける最多数の逮捕者数となった。警察のこん棒による殴打や警察犬に噛まれたりして、多くのデモ隊参加者がケガを負い、中には医療処置を必要とする人もいた。逮捕者の多くは、ただ単にその場に居合わせていただけだったのに、警察側はありもしない理由をつけて逮捕した。12時間以上という不当かつ長い勾留を正当化させるためのでっち上げの罪状にすぎなかった。Valby警察署に連行された300人のデモ隊参加者は、取り調べを受けて解放されるまで、手を背後に縛られたまま、冷えた地下室に放り込まれ、冷えきった床の上に座らされ、トイレに行くことも、眠ることも、食べることもできずにいた。警察による卑劣かつ不当な扱いに対して、警察全体に対して訴訟が起こされることになるだろう。

建物の占拠が短時間で終わってしまったものの、Aktion G13は完全なる勝利だった。Ungdomshusetの強制排除後、7ヶ月経った時点で、Ungdomshusetに代わる新たなスペースの占拠を声高に訴え、大勢の仲間がコペンハーゲンにやってきた。土地の私的所有、そして人間の均一化という観念に対する明らかな不服従運動だった。スカンジナビア全土、ドイツ、イギリス、ポーランド、その他多くの国々から、大勢の仲間が結集した。大規模なデモ行動を通じて、新たなスペースの確保という目的を明確に示した。これに対し、非暴力的なデモ隊に対する警察隊の行き過ぎた暴力は、警察側の長期間におよぶ弾圧にもかかわらず、勢いが衰えることがないムーヴメントを完全に弾圧して消滅させたいという警察の願望と焦りが垣間みれる。

「決して落胆することはない。今夜は喜びと祝福を心に家路についてほしい!本日、大きなアクションで建物を占拠し、短時間の間だけ、占拠することに成功した。やつらに我々が持つ力を見せつけることができた。新たなスペースを確保したいという我々の強固な決心を思い知らせることができた。大勢の逮捕、警察の暴力、催涙ガスごときで、我々を決して止めることはできない!今日、我々はしっかりと存在を知らせることできた。次に建物を占拠する時は決して手放さない!決してやつらに明け渡さない!」あるアクティヴィストによる宣誓がデモ・トラックから響き渡り、G13アクションは終わりを告げた。


SUBSCRIBE

0 Responses to 'Aktion G13 report'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。