地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)

ゲバラTシャツ

POSTED IN | , , 8/02/2007
シネマ・フェスタ「アナーキー」の4日「ゲバラ・デー」に合わせて、ゲバラTシャツが制作されます。4日に会場で買えます。

目隠ししたゲバラに「私は誰?」というセリフが入ったデザイン。
サパティスタブラック・ブロックなど、「We are everywhere! —われわれはどこにでもいる!」を合い言葉とする、「匿名性」が大きな特徴で、英雄がいないことを誇りとする現在のアクティヴィズム・シーンにおいて、自発的に行動する者が、ゲバラの実践してきたことに敬意を表すとしたら、巷に溢れかる彼の顔をそのまま着るわけにはいかない、ってことで、こういうデザイン。Tシャツの色は左とは少し違っちゃうかも。

ちなみにIRAは4日はやってますが、5日はお休みです。シネマ・フェスタに行ってます。よろしく。
SUBSCRIBE

1 Response to 'ゲバラTシャツ'

  • goso tominaga said...
    http://irregularrhythmasylum.blogspot.com/2007/08/t.html?showComment=1186091820000#c1563890075531806866'> 6:57 午前

    昔、100号のロールキャンパスにゲバラの顔の輪郭だけうすく鉛筆で描いて、あとは
    来場者に拇印で好きにやってもらう、という
    展示をマンションギャラリーでやったことを思い出しました。神格化されつつあるチェ・ゲバラを僕らはその当時にも人権上、問題になっていた指紋捺印という手段を使って、どう描かれてゆくのか?が自分自身の興味とある種の直感だったように思う。ゲバラの髭って、まだ保存している人がいて、彼が人として愛されていることを伝えてくれた。いくらでも読み直したり誤解したりしたい人物だ。

     

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。