地図拡大

イレギュラー・リズム・アサイラム
160-0022 東京都新宿区新宿1-30-12-302
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
新しいホームページ: http://ira.tokyo
営業時間 13:00〜20:00(月・水定休)

IRREGULAR RHYTHM ASYLUM
1-30-12-302 Shinjuku, Shinjuku-ku Tokyo 160-0022
tel:03-3352-6916 | email: info@ira.tokyo
website: http://ira.tokyo
Opening Hours 13:00〜20:00 (Closed on Mondays and Wednesdays)
第二回 ジョン・バウデンを助ける国際団結の日

7月13日の金曜日がジョン・バウデンを助ける国際団結の日に選ばれた。この日、世界中でジョン・バウデンを援助し、アナキスト・ブラック・クロス(ABC)を擁護するための行動を起こすよう皆の協力を願う。

ジョン・バウデンは、25年以上も(!)英国の刑務所闘争の前衛として動いてきた長期間に渡る刑務所被収容者である。

10年間の闘争の後、ジョンはスコットランドのキャッスルハントリーの開放型刑務所で、過去2年間を過ごした。彼は、刑務所外のコミュニティで、精神障害者や社会的弱者のためのプロジェクトにおいて、ボランティアとして監督なしに仕事をしてきた。また、学習障害のある人たちのために、識字能力をあげるための指導者として活動してきた。ほぼ一年の間は頻繁に帰宅を許可され、公共へ何の危害も無いと見なされていた。

しかしながら、これら全てが最近になって激変した。アメリカの右派ソーシャルワーカー、マシュー・スティルマンが、ジョンに対するいやみまじりの批判をするために登用され、ジョンには「準軍事組織」で「テロリスト」組織―ABCを指名―と関連があるとして、批難した。

この合法的な刑務所収容者支援団体に対するスティルマンの馬鹿げた申し立ては、簡単に論駁されるものの、ABCとの繋がりを否定することを拒否したジョンに対して過酷な結果をもたらした。彼は、グレノチルの高度警備体制の収容所に移された。有害な陳述(スティルマンの虚言)はさらに彼に暗い陰をかざし続ける。この陳述は、ジョンの8月釈放許可への申し込みを考慮する仮釈放監査委員会に対し、先入観を与えるために特別に作成されたと見られている。

スコットランド刑務所行政によるジョンとABCに対する批難は、この有名で明晰な刑務所反対者を罰することを目的にしているだけでなく、囚人が政治的な観点を持ち、刑務所の外からの支援を求める権利に対する攻撃である。

ジョン・バウデンとABCの両者を「威嚇する」ための企てに対し、国際的な団結力を見せるための行為に参加してほしい。7月13日の金曜日を、スコットランド刑務所行政にとっての不運な日にしよう。


我々の団結に限界は無い。

ジョン・バウデンの友人たち
www.myspace.com/friendsofjohnbowden


役に立つ住所:

John Bowden, 6729, HMP Glenochil, King O' Muir Road, Tullibody,
Clackmannanshire, FK10 3AD. Scotland. (励ましと団結の手紙やカードや返信用封筒、看守あてに支払われるように記した小切手: payable to ‘The Governor’を送って下さい。)

Audrey Parks, Governor, HMP Glenochil, King O' Muir Road,
Tullibody, Clackmannanshire, FK10 3AD. Telephone: 01259 760471.
Fax: 01259 762003. (抗議のメッセージを。)

The Care Commission, Headquarters, Compass House, 11 Riverside
Drive, Dundee, DD1 4NY. Telephone: 01382 207100. Fax: 01382 207289.
(民生委員のマシュー・スティルマンについての抗議/苦情を。)

Scottish Prison Service HQ, Communications Branch, Room 338, Calton
House, 5 Redheughs Rigg, Edinburgh, EH12 9HW. E-mail:
gaolinfo@sps.gov.uk Phone: 01259 760471. Fax: 01259 762003.
(‘Hands Off John Bowden!’ と書いたポストカードやその他の抗議文を。)

The Parole Board for England & Wales, Grenadier House, 99-105
Horseferry Road, London, SW1P 2DD. (ジョンの釈放申し込みを支援するピケや手紙を。)


その他のアイデア

連帯ピケ、ノイズデモ、垂れ幕を張る、ビラをまく、抗議のファックスを連続送信してファックス機をブロックする、集団でカードにサインする、情報を共有ための集会を開く、パンフレットを読む、応援用の資金を集めるためのイベントを行う、等々。

率先して、想像力を駆使して、ジョン・バウデンとアナキスト・ブラック・クロス(ABC)のために連帯意思を示して下さい。

ジョン・バウデンの友人たち
- - e-mail: handsoffjohn(at)reborn.com
- - Homepage: http://www.myspace.com/friendsofjohnbowden


2nd International Day of Solidarity With John Bowden

Friday 13th July has been chosen as the date for the 2nd International Day of Solidarity with John Bowden. On that day, around the world, please make every effort to hold an action in support of John and in defence of the Anarchist Black Cross (ABC).

John Bowden is a long-term prison resister who has been at the forefront of the British prison struggle throughout his time in jail – More than 25 years!

After decades of struggle, John has spent the past couple of years in an open prison at Castle Huntly in Scotland. He worked unsupervised in the outside community as a volunteer on projects for the mentally ill and socially vulnerable, and qualified as a literacy tutor for people with learning difficulties. For almost a year John was also allowed frequent home leaves, and was not regarded as any form of risk to the public.

All this recently changed however, when Matthew Stillman, a right-wing American social-worker was brought in to do a hatchet-job on John and accused him of having links with a paramilitary and terrorist organisation namely the ABC!

While easily refuted, Stillmans ludicrous allegations against a legitimate prisoner support organisation have had severe consequences for John, who refuses to renounce his links with the ABC. He has been moved to a high security prison at Glenochil, and damaging allegations (Stillmans lies) hang over him, which we believe are specifically designed to prejudice the parole board when they consider Johns application for release on licence in August.

The attack on John and on the ABC by the Scottish Prison Service is not only designed to punish a well-known and articulate prison dissenter, it is an attack upon the right of prisoners to hold political views and to seek outside support.

Please join us in an international show of strength against the attempt to terrorize both John Bowden and the ABC. Lets make Friday 13th July an inauspicious day for the Scottish Prison Service.

Our solidarity has no limits.

Friends of John Bowden
www.myspace.com/friendsofjohnbowden

John Bowden, 6729,
HMP Glenochil,
King O' Muir Road,
Tullibody,
Clackmannanshire,
FK10 3AD.
Scotland.

SUBSCRIBE

0 Responses to '第二回 ジョン・バウデンを助ける国際団結の日'

Twitter

自己紹介

自分の写真
Irregular Rhythm Asylum is an infoshop in Tokyo dedicated to the following "A"s.

新入荷

IAS Lexicon

IAS Lexicon
IAS LEXICON The Institute for Anarchist Studies と AK Press の共同制作語彙集シリーズの翻訳です。「アナキズム」「権力」「植民地主義」「ジェンダー」「白人優位主義」の全5冊

PANGROK SULUP訪問記

END:CIV

Archives

NU☆MAN @IRA

NU☆MAN @IRA
裁縫集会毎週火曜夜

シガちゃんの投稿

シガちゃんの投稿
IRA Blog上の"SHIGA"とタグ付けされた投稿を表示
現在のシガちゃん:大阪にいます。